2017年11月/ 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.05.07 (Thu)

薔薇 それは・・・ 感想 Part2

お久しぶりです!
あれ以来、全く更新していないえりつぃん・・・。
皆さん、GW中はいかがでしたでしょうか?
私はこのGW中、バイトと観劇でした。
観劇でも1日W観劇のみですが。
あとは全てバイト!
世間の皆様が遊びに行かれてる間に私はバイトでした。
暇だと予想してたのに、忙しくてビックリした(・ω・)


観劇は4回目突破ですが、いろんなツボが出てきたので、これから感想を書いていきたいと思います♪
お芝居もショーも大人な雰囲気で、私は好きなんですよね(・∀・)
お芝居は大人なラブ・ロマンスで危うかったりしますが、曲が好きだし、好きですね。
七帆さんの出番の話は別ですが・・・☆
ショーはもう大好き!!
とにかく宙娘大活躍なのが嬉しいし、6カラットも出番があったり、蘭とむ先輩の手話にトキメいたり(*´∀`*)←
観劇する1回1回を大切に観て行きたいです!


思えば、宝塚宙組公演の公演がもう折り返し地点なんですね~。
あっという間にイベント事も過ぎていって、千秋楽までもあっという間なんだろうな・・・。
淋しいですね(T_T)

さて、今回はお芝居のキャラ感想にいきたいと思います。
いつもどおり、長いので覚悟を☆


【More・・・】



ジャスティン・バルザック/大和悠河
ジャエスティンは元軍人で、現在は調査会社の社長。
夢は自分で車を作る事。
(ストーリーではF1で自分の作った車を走らせるって事かな?)
夢を見る男ですね♪
そして、7年前の19歳かな・・・?
19歳のイヴェット(うめちゃん)と出会って「ドライブ・・デート・・・ドライブ・・・デート!デート!デート!」の日々。(笑)
けど、イヴェットの家は貴族という事で、身分違いの恋ですれ違っていき、結局は別れてしまう。
7年後にクラブでイヴェットと再会するところから始まる。

タニさん演じるジャスティンは男前なんですよね(((・∀・)ノ
要するにタニさんはカッコイイという事!(笑)
すごく良い人で、周りにいる人たちには優しい。
そして、男の情があるのが印象かな。
けど、恋愛に対してはちょっとな・・・と(^_^;)
イヴェットと一夜を過ごしてしまうけど、その時にはヘレンという婚約者がいるのにも関わらず、「ヒドイぞ!」と思う。(笑)
ジャスティンはヘレンという素敵な人がいるのにも関わらず、イヴェットの事を考え続けるのはどうかと思うんだな・・・。
まっ、これは先生が悪いって事でね・・・。

イヴェット以外に絡みが多いのはオーランジュ男爵(蘭とむさん)とモニーク(あすちゃん)ですね。
男爵との男の友情はカッコイイんですよね(*´∀`*)
今まで、タニさんと蘭とむさんがこうやってガッツリ男の友情を仕上げてたのはなかったからな~。
特に最後の場面とか好きですね。
あすちゃんは生涯タニさんの秘書だと思ってます☆(笑)
「黎明」でもそうだったし、あすちゃんはタニさんを見守ってきた・・・な雰囲気。
今回のモニークは美人秘書で、ジャスティンの事を考えてる人だなぁって思う。
恋愛とは別で仕事としてのパートナーってカンジがしますね。

とにかく、ジャスティンは男前で優しい人という事で(o^-’)b←まとまってない。
こういうタニさんを見れて良かったな~って思います。


イヴェット/陽月華
イヴェットはまさに社交界の薔薇!
めちゃくちゃ綺麗(*´∀`*)
登場シーンはお酒に酔った姿だけど、あの美貌にトキメク男の人はいない・・・。
っていうぐらい、すごく素敵な女性ですね。
お酒に酔ってるのは理由があるわけですが・・・。
昔は気品がある方だったそうです。(by 公爵夫人)

7年前のイヴェットはまだまだ子どもで、「キスして?」とか「ジャスティン~~~!!」とか、めちゃくちゃ可愛い19歳のイヴェット。
26歳?のイヴェットは大人な女性ですね。
グザヴィエ(ともちん)とか両親やフランシス(みちこさん)には大人な対応。
7年後と演じ分けてるうめちゃんが本当、すごいなって思います。
一つの舞台で役を分けてるうめちゃんの演技に注目です(((・∀・)ノ
イヴェットは見た雰囲気では何を考えてるかわからないけど、周りの人たちやジャスティンを大切にする素敵な女性だと思いました。

アルヌー伯爵家のパーティーでイヴェットとジャスティンのデュエットダンスが素敵なのでそこは見所(^_^)v
意気のあった踊りには若干、違和感も(・∀・)←コラ
その時のイヴェットはとっても綺麗なので、そこは見所。

そして、イヴェットのもう一つの見所はフランシスとお話しするところ。
セリフがちょっと曖昧なのであれなんですが、イヴェットがものすごく良い事を言うんですよ。
ここにはいつも「ジ~ン」ときて、イヴェットが今まで経験してきた事を弟に話す大事な場面だなって。
ここには注目して見てあげてほしい(o^-’)b


ヴィクトール・オーランジュ/蘭寿とむ
やっぱり、先輩はカッコイイーーーーー(*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*)
いつでも先輩にトキメク事は忘れないえりつぃん。(笑)
カッコイイ半面、お茶目な部分もあるので、お茶目な場面が見所♪

ヴィクトールは男爵で、元情報部の将校。
ジャスティンの調査会社に投資をした事をキッカケ?に、ヴィクトールはジャスティンと知り合い、ジャスティンはヴィクトールに会社で調査の仕事を依頼。
それを引き受けたヴィクトールはさっそくお仕事。
そう!クリストフ(七帆さん)がアルヌー伯爵家のおかしな倒産やエストール(まさこさん)の失踪を調べる事に。

そして、調査報告では素敵な報告をされますが、モニークに「~らしい」が多いと注意される。(笑)
モニークに「頑張れ!」と照れるヴィクトールがこれまた、可愛いんだな(*´∀`*)

最後の「港はどうもな~、男2人ではどうしても干渉してしまうんだよね~」(セリフ違うけど)の場面がすごく素敵で。
ヴィクトールさんの運転は「まぁまぁ」らしいです♪(笑)
ジャスティンは大人しめの車を送ると約束して、別れ。

タニさんとこうやってガッツリ男の芝居を組んだのは「バレンシア~」以来だよねぇ。
「バレンシア~」でも貴族と平民の差があったから、ここまでガッツリなのは初めてだよね。
2人でこうやってお芝居してくれたのは、結構嬉しかったですね。

先輩の一番ツボな場面は、クリストフと手を繋ぐとこ!(笑)
ファンにとっては幸せな場面ですね。
楽しい場面でもありますが(^_^;)
その場面はどうか、探してみてください☆


フランシス/北翔海莉
姉想いな弟くんです♪
常に「姉さん!」と呼んでいる姿が思い浮かびます。
お姉さんの事をひたすら心配しています。
ちなみにお姉さんはイヴェット。
真面目な場面では男前なのに、グザヴィエと姉の婚約解消できる話を聞いて以降、少し壊れる弟くん。(笑)
個人的なツボは恋人のベロニカ(アリスちゃん)が留学からの帰国後、フランシスが真剣に話してるところをベルニカが、「ちょっとカッコイイ♪」と褒めると、「ちょっとカワイイ(・∀・)」といつものみちこワールドに突入。(笑)
そこはいつも、客席でのツボなんですがね(^_^)v
これが楽しみなのは過言ではない。(笑)

みちこさんの黒髪が好きなんですよね~。
前回の「ベルばら」アランでは黒髪で、みちこさんは黒髪が良いと思ってて。
今回の黒髪が好きですね(*´ω`*)
フランシスは本当、真面目な青年だけど、真面目すぎて周りが見えなくなっちゃう時がある。
けど、そこでお姉さんに教わるシーンがあって・・・さっき、うめちゃんのところで話したけど、そこが素敵な場面なんですよね。

うめちゃんと姉弟役で組んでくれたのは嬉しかったですね~。
貴重な時だったような気がします。
今までは恋人(バレンシアのロドリーゴ)とタニさんの役とは知り合いで見てるだけでしたから。
違和感なく、姉と弟っていう雰囲気ができててすごく良かったです。
これから、みちこさんは黒髪派なえりつぃんでいかせていただきます(^_^)v←どうぞ、ご勝手に。(笑)


グザヴィエ/悠未ひろ
船舶の社長のグザヴィエ(・∀・)
イヴェットの婚約者であるグザヴィエ(・∀・)
少し悪者なグザヴィエ(・∀・)
ものすごくカッコイイです!!!
縦じまのスーツを着て登場されるんだけど、その着こなしが素敵過ぎる(*´∀`*)
グザヴィエに惚れない人はいないだろうというぐらい・・・。
愛車はアメリカから取り寄せたリューセンバーグだという。
船舶の社長だけど、貴族ではない。
イヴェットと婚約できるぐらいリッチマンという事ですね。

「あれをあなたに乗ってもらいたかったんですよ。」と一途なグザヴィエ。
その前にイヴェットには指輪をプレゼント。
そして、弟くんには金の腕時計をプレゼント。
良い人ではないですか!

けど、グザヴィエがキッカケで今回の事件が起きるわけですが、エストールのジュシ(漢字がわからない)設計をワイロするというひどい人。
けど、観劇してる時は良い人で終わってるんだな~。
なので、そこまでひどい人と感じずに終わってしまう。
そして、ともちんが勿体ないと思う。←某先生のせい?(笑)
ジャスティンとグザヴィエのシーンは絶対いれてほしかったな~。
ジャスティンが説教する場面がもっと見たかった(・ω・)

グザヴィエは男前だけど、触るとやけどするぜ!的なカッコイイ人ですね。←意味不明(笑)
あと、ともちんはまちゃみとダンスパーティーの場面で踊ってます。
その2人のデュエットがまた、素敵なんですよね♪
ともちんとまちゃみが組む事なんて最近はなかったしね(・∀・)
貴重なシーンです。


ヘレン/美羽あさひ
ジャスティンの恋人。
ものすごく真面目で、思いやりがあって・・・けど、1人で抱え込んでしまう2面性があるヘレン。
大人な女性ですね!!
ものすごく素敵です(*´∀`*)
ジャスティンの素性を調査して、報告してあげたい。(笑)
イヴェットとは違って、何かを乗り越えてきた雰囲気があります。
お父さんがいないって事で、お父さんが早く亡くして、母子家庭で育ったという設定ですかね・・・。(あくまでも妄想)
お母さん(あおいちゃん)と2人暮らしで、この年でお母さんに気を遣う母親想いな娘。
ジャスティンとは婚約中で、ジャスティンの仕事を見守る雰囲気が。
ジャスティンとは仲が良いカンジで上手くやっていってる。
けど、『ジャスティンはそんな人ではな~~い(・∀・)』と言ってあげたい。(笑)

プロポーズされるものの、ジャスティンはアメリカに行くと決意。
それは自分の夢を叶えると同時に、結婚するという事。
けど、結婚を断るヘレン。
ヘレンはお母さんの事を第一に考えてる。
けど、ジャスティンの事は好きだし一緒にいたいけど、お母さんを1人でフランスに置いていくわけにはいかないし、文化が違うアメリカに1人でいさせるのも不安。
数日、考えさせてほしいとジャスティンに告げる。

そして、ヘレンはジャスティンのプロポーズを断る。
お母さんの事を選んだヘレン。
けど、お母さんを邪魔に思えば、夢しか見てないジャスティンに悲しむヘレン。
アメリカに行ってもジャスティンは変わらないと断言するヘレンは、ジャスティンが違う方向に見ている事をわかってたんだろうな・・・。
家庭を持つならフランスでも不満ではないし。

ヘレンの大人な考えに感動する(´∀`)
ヘレンが大好きだし、まちゃみが大好き!!!
最後にまちゃみのこういう演技が見れて良かったな・・・。
悲しいけど、まちゃみの演技が本当良かった。
やっぱり、まちゃみの演技は大好きですね~。
最終的には先輩とでも良かったんですけどね(・ω・)←設定がめちゃくちゃ(笑)
とにかく、まちゃみのヘレンの大人な女性に注目してあげてください☆
女性としてはものすごく気持ちがわかる役です。


エストール・ボヌー/十輝いりす
まさこさん、めちゃくちゃ男前(*´∀`*)(*´∀`*)(*´∀`*)
つなぎがなんとも素敵♪
普段でもつなぎを着る男性が好きなんですけど、まさかヅカでつなぎを着るとは思わず。
けど、それが長身なまさこさんで、それがめちゃくちゃカッコイイんですよね!

エストールはアルヌー伯爵家から投資してもらっていた会社の経営者。
その製品が船舶のジュシで、ジュシは特許を取れるぐらいすぐれもの(((・∀・)ノ
けど、途端にジュシの特許が却下され、お金に困ってたジュシの設計図をグザヴィエに渡ししてしまい・・・。
それが事件のキッカケなんですが、エストールは3人家族の父親。
こんなにカッコイイパパさんがいたらトキメク(*´∀`*)←ミーハーえりつぃん再び。(笑)
奥さんはアガサ(タラちゃん)で、娘は病気で入院しているという。
奥さんと娘のために頑張るエストール。
けど、自分の作ったジュシが失敗した事で、警察沙汰にもなるぐらいの事件に・・・。

ジャスティンに見つかり、「バーカ!」と言われるエストール。
ジャスティン、殴らなくてもいいでしょと突っ込んじゃいますが、エストールのために逃げてどうする?という場面。
逃げても何も始まらない、まずは伯爵家に会いに行けとジャスティンに説得される。
エストールがどれだけ追い詰められてたか、わかる場面でもありますね(((・∀・)ノ

その後に伯爵に謝るエストールは土下座。
これまた、可愛いんですよね(*´∀`*)←すいません・・・見下してるわけではないんです・・・。
エストールは本当、真面目な人なのが伝わってきます。
そして、無事に解決したとこで、アガサと見詰め合う場面はなんとも素敵♪

今回のまさこさんはパーマをあてられてて、それがものすごく素敵な事か!!
それは是非是非、劇場でごらんを♪←宣伝マン?(笑)



タイムリミットです(・ω・)
よりによってクリストフが書けてない・・・。
これからバイトなので・・・すいません・・・。

それにしても、宙組がどれだけ大好きなんだ、私☆(笑)


クリストフは次回・・・たくさん書きます!!!←この前もいっぱい書きましたが、何か?(笑)
ツボがたくさん見つかったので、また書きます(((・∀・)ノ
ベロニカ、アガサ、モニークも書けたらなと。

明日、観劇してきます(・ω・)
なんやかんやで1週間ぶりの観劇ですね。
明日以降、観劇回数がすさまじくなるので、書く日が少ないかもしれませんが、合間をぬって書いていきますので、よろしくです。


スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

15:52  |  「薔薇に降る雨/Amour それは・・・」  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。