2017年09月/ 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.29 (Fri)

2008年秋ラインナップ

本日、三度目の更新となります(^_^;)
こんなに更新したの、久々だな~。
それにしてもショックな事が・・・。

東京宝塚劇場 宙組公演における主演娘役 陽月 華の休演について

うめちゃん、大劇場に続き、東宝も休演の事・・・。
うめちゃんのお芝居とショーが観れないなんて・・・。゜(´Д`)゜。ウワァーン
今回はうめちゃんに合った役ばかりだったから、どれも観たかった。
まりえさん、いづみちゃん、ちゃみの退団公演に出れないことがうめちゃんはどれだけ悔しいだろう・・・。
けど、うめちゃんにはこれからもたくさんの舞台に立ってほしい。
後遺症が残る事なんて絶対にあってほしくない。
入院治療頑張ってね。
気持ちとしては東宝に出演してほしいけど・・・。
これからの舞台に立ってほしいためにも治療に専念してほしいな。

次は「雨に唄えば」で待ってるよ。
たくさん観に行くので(^_^)v
次の大劇場でも待ってるよ。
今度、うめちゃんに会える時は元気なうめちゃんに会える事を願ってるよ


うめちゃん、ガンバレ(≧∀≦)



【More・・・】



2008年の宙組と月組大劇場・東宝、花組梅芸・青年館のラインナップが発表されました~。
どれも興味深いですよー(^_^)v



宙組
◆宝塚大劇場:2008年9月26日(金)~11月3日(月)
<一般前売 2008年8月23日(土)>
◆東京宝塚劇場:2008年11月21日(金)~12月27日(土)
<一般前売 2008年10月19日(日)>
※東京宝塚劇場での公演期間が、当初発表の予定より変更となりました。

Musical entertainment
『Paradise Prince(パラダイス プリンス)』
作・演出/植田景子

アメリカ西海岸、ロサンジェルス近郊の街を舞台に、少年の頃に描いたキャラクター「Paradise Prince」に自らの夢を託し、アニメーションピクチャーの世界でのトップを目指して前向きに生きる主人公の姿を描いたオリジナルミュージカル。大人になることのほろ苦さ、自分の才能への不信、現実と夢とのギャップに押し潰されそうになりながらも、熱い思いで夢の扉を開いていく現代の若者のサクセスストーリー。


グランド・レビュー
『ダンシング・フォー・ユー』
作・演出/中村一徳

舞台にかける情熱、思い、愛、夢など、心、身体に溢れる熱きエネルギーをダンスナンバーに託しておくるダンシング・ショー。パリやアメリカを舞台にしたオーソドックスな宝塚レビューのスタイルの中に、都会的でショー感覚を散りばめたエネルギッシュな群舞を繰り広げます。

■主な出演者・・・(宙組)大和 悠河



おぉー!!
景子先生の大劇場・東宝は「落陽のパレルモ」以来ですねー。
景子先生の作品は観てみたかったし、しかも、大劇場・東宝!!
しかも、宙組!!!
なんて幸せなんだー(*´∀`*)
ストーリーは今の宙組に合ってるような・・・。
オリジナルミュージカルに歌の方にやや不安はあるものの、楽しみでございます。
細かい事は全然わかんないけど、テンションが上がるわ(笑)
ショーもエネルギッシュで今の宙組に合ってるねー。
しかも、群舞だよー。
こっちも楽しみだー(*´∀`*)



月組
◆宝塚大劇場:2008年11月7日(金)~12月11日(木)
<一般前売開始:2008年10月4日(土)>
◆東京宝塚劇場:2009年予定
<一般前売開始:未定>

源氏物語千年紀頌
『夢の浮橋』(仮題)
脚本・演出/大野拓史

源氏物語千年紀年の年末公演にあたり、源氏物語の最終章「宇治十帖」を取り上げ舞台化します。宮中を華やかに彩る貴公子・匂宮、匂宮と兄弟のように育った薫、そして二人の貴公子から想いを寄せられることになる浮舟。三人を巡る切ない恋を、宝塚歌劇らしい華やぎと爽やかさの中に描き出した作品です。大野拓史の大劇場デビュー作となります。


ファナティック・ショー
『Apasionado!!(アパショナード)』
作・演出/藤井大介

“Apasionado”はスペイン語で「熱い」「情熱の男」という意味。「熱」をテーマに、熱いリズム、熱い血潮、燃え上がる恋、嫉妬の炎、命を賭けた情熱など、様々な「熱」の形を具現化した、情熱的でエネルギーに満ちたダンシング・レビュー。パッショネイトな真紅の炎、強いエネルギー、そして時にはクールさの中の青い炎を感じさせる、ショースター瀬奈じゅんの魅力を十二分に見せる、大人の雰囲気のショー作品です。

■主な出演者・・・(月組)瀬奈 じゅん



ついに、大野先生の大劇場デビュー作!!
そして、源氏物語を大劇場でやっちゃうんですね。
月組で日本モノって私にとっては珍しいな・・・。
「MAHOROBA」は別として・・・。
興味深いので観に行っちゃいますわ。(笑)
大野先生大好きなんでそこも楽しみ。
頑張ってほしいな。
ショーは熱いな~。
熱いものが観れそうで楽しみ♪
けど、最後の言葉に意味深が・・・。
やっぱり・・・そうなんですか・・?



花組
◆梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ:10月3日(金)~10月15日(水)
<一般前売開始:2008年8月2日(土)>
◆東京特別公演(日本青年館):10月20日(月)~10月27日(月)
<一般前売開始:2008年9月14日(日)>
※日本青年館での公演期間が、当初発表の予定より変更となりました。

『銀ちゃんの恋』
-つかこうへい作「蒲田行進曲」より- 
原作/つかこうへい
潤色・演出/石田昌也

1982年に「直木賞」、1983年には大ヒットした映画版で「日本アカデミー最優秀脚本賞」を受賞した、つかこうへい作「蒲田行進曲」を原作に、1996年、久世星佳、風花舞、汐風幸ら月組により、宝塚バージョンとして上演。宝塚歌劇としては異色の題材ながら、大好評を博した作品。自己中心的な性格の俳優銀ちゃんが、恋人の小夏に赤ちゃんができたために、子分の大部屋俳優ヤスと小夏をむりやり結婚させようとすることから起こる、破天荒でありながら、人情味溢れる物語です。

■主な出演者・・・(花組)大空 祐飛


またも、石田さんだよー!!
日本物ばかりでちょいっと飽きてきましたよ。
多分、この時期は宙組公演中だから観に行かないだろうけど・・・。
ゆうひさんの銀ちゃんがどうなるか興味あるけど。(笑)



今年の残るラインアップは雪組梅田・青年館ですね。
どうなるんだろうな~。
今年のラインアップはほぼ発表されたし、このあとの出演者(振り分け)や配役が気になるとこ。
宝塚ファンはいろいろと忙しいですわ。(笑)
発表されて、また楽しみになりました。


スポンサーサイト

テーマ : スミレ話@宝塚歌劇団 - ジャンル : 学問・文化・芸術

17:44  |  宝塚歌劇団  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。